用語の説明 of 改葬新潟

用語の説明と費用

埋蔵収蔵証明書 

 お礼の金額はお寺様によって違うので、お寺様にお尋ねするより他に方法がありません。
 手数料 1市役所 ①埋蔵収蔵証明書
          ②除籍簿など。亡くなった人の戸籍 1,500円くらい
     2お寺  お寺によって異なります。伺ってみましょう

死亡者名簿(改葬許可申請書に記載しなければなりません)

 記載事項 1 死亡者の氏名
      2 死亡年月日
      3 申請書に記載された人との続柄
      4 死亡者の本籍
      5 死亡者の住所
      6 埋葬の場所
      7 埋葬の年月日

 ㊟ 2.3.4.5は市町村の住民課などで取り寄せます。
   6.7は、お寺様に記載していただく埋葬収蔵証明書と繋がっていますから、書けるところは自分で書いて お寺様に書いて頂きます。特に埋葬の年月日はお寺様でないとたいてい分かりません。費用はお寺様に伺います。

閉眼供養

 墓を閉じること。おたま抜きと言う所もあります。
 やはり、謝礼の金額はお寺様にお尋ねします。

墓石の撤去(処分)

 お寺が石材業者を指定している場合もあります。
 普通は改葬した新しい墓は小さいものにするので、これまでの墓は処分します。
 費用は石材業者と墓の大きさによって異なります。

古い墓石の運搬

 新しい墓に古い墓の最上段を利用したいと考える人も稀にいらっしゃいますが、寺院は石材業者を指定している事が多いものです。その場合は古い墓石は使えません。

新しい墓石

 霊園は墓石業者を指定している場合が多いのです。
 一般的には1枚の小さめの石版です。料金は様々です。
 40万円くらいからあります。運搬費、刻字料等は、たいてい別途費用がかかります。

開眼供養

 お寺や霊園によっては開眼供養は不要で墓に遺骨を入れたらそれで良しとすることもあります。
 浄土真宗のお寺(全部ではない)と宗派を問わない霊園は開眼供養を不要としています。
 開眼供養をするお寺には謝礼の金額をお尋ねしてみます。
さまざまな費用がかかります。安くしてもらう交渉も大事なことです。
その都度、御相談下されば対応します。

a0002_005212_m.jpg

当事務所へのお支払い

手続きを全部、御自分でおやりになれば実費だけで済みます。
改葬の流れ1~10までの内、特定の段階だけのご依頼も承ります。

当事務所に御依頼になった場合

改葬の流れ1つの段階ごとに3万円(1万5千円×2回)+実費+交通費なぜ2回かと言いますと、どの段階も1日では終わらないからです。
但し2の段階 市町村に改葬許可申請書を交付してもらうことは1万5千円(1回のみ) 新潟市内以外は郵送にて手続きを致します。
実費につきまして、お寺様へお支払する離壇料、閉眼供養料、その諸費用はその都度御報告し、御意見を伺い御了承を頂いてから締約致します。

1回目の電話及びメールでの御相談は無料です。
2回目は以下の口座に1万円をお振込下さい。
お振込みを確認させて頂きましたら何回でも御相談を受け賜ります。

 銀行名  郵貯銀行
 記号    10030
 番号    ****9191
 口座名  佐藤義秋

携帯電話 090-3343-4955