遺言書 of 改葬新潟

遺言書

自分の子どもに改葬させたいとお考えの場合には、遺言書に書いておき、それに充当する費用も用意しておかれることをおすすめします。

遺言書には3種類あります。
(遺言は、「いごん」とも「ゆいごん」とも言います。)

①自筆証書遺言 遺言者本人が全文を自書作成した遺言
②秘密証書遺言 遺言者本人が作成し封印し公証人に確認してもらう遺言
③公正証書遺言 公証人に頼んで作成してもらう公文書としての遺言

上記3つの他に 「危急時の遺言」などがありますが、特に覚えておく必要があるとも思えませんので今回割愛させていただきました。
さて遺言書は、どうやって書くか。大筋を言えば、

①自筆証書遺言 

自筆で書かなければいけません。ワープロ・パソコン・代筆は不可。

②秘密証書遺言

署名以外の部分はワープロ・パソコン・代筆OK ですが、公証人と証人2人以上の前で自分の遺言書であることを申述する必要があります。

③公正証書遺言 

公証人に作成してもらうので、公文書として保管してもらえます。

費用は、①②③の順番で多くなります。 さあ、どうしようか・・・?
まずは行政書士に相談してみたらどうでしょう。遺留分やら遺産分割やら面倒なこともありますからね。安い費用で親切に対応。行政書士は、頼りになります。